ブログ

パッシブデザインの恩恵を感じる季節

一挙に寒くなってきました

朝一で サックスの練習 朝活 復活 快活クラブ・・・

その後 自宅に戻り 太陽熱給湯器の見積

省エネというと 一般の方は 「断熱」とイメージされるでしょうが

実は給湯器が一番 エネルギーの消費量が多いのです

光熱費の根源は 給湯器にあり!

ですが 給湯器を変えたところで

あたたかいお風呂には入れますが 家事体が温まるわけでは ありません・・・

ですが 省エネ住宅を作る身としては もっともっと自宅を省エネにしたい・・・

その時に撮った写真ですが 室内に太陽の陽射しが入り込み 暖かい

朝方は自動運転で暖房が2時間入っていましたが

10時には無暖房です

外気温11℃で室温は22.4℃近い!

 

まさに パッシブデザインの本領を発揮する季節がやってきました

 

今日 明日は打合せがなかったのですが 香嵐渓に行こうとしたら

娘は習い事があるらしく 明日に・・・

ということで

名古屋のオフィスに向かい図面を描いたり

省エネ計算をしたり 室温シミュレーションをしたり

今度の土日は セミナーとプラン提出&見積が重なり忙しいので準備です

そんな時に大事なことを思い出した!

契約をしたお客様の最終 省エネ計算を忘れていた!

事前に概算で 出していますが 経験と勘に頼るのは良くない・・・

 

という事で 再計算

「流石 俺!」

と自分で褒める・・・

冬は無暖房で 朝6時17℃ 最高20.5℃(一般的な省エネ住宅で12℃くらい)

夏は無冷房で 32.9℃ (一般的な省エネ住宅でも37℃くらい)

でした

この室温シミュレーションの前にやるのが

外皮計算 いわゆる省エネ計算です

 

断熱性能も大事ですが

それ以上に大事なものがあります

 

計算も大事ですが

それより大事なものがあります

 

詳しくは 12月2日のセミナーにて

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


資料請求はこちら PAGE TOP