ブログ

夏の日射遮蔽につて

~結論を先に言うと 暖冷房を使わない状態での自然室温

の目標を何℃にするのか? 室温シミュレーションすることが重要です~

ちなみに 私どもでは

簡易計算をEnergy ZOO

さらに ホームズ君

という2つのソフトでシミュレーションを行っています

断熱性能(G1~G2グレード)に程度に向上させたうえで

冬は太陽熱を室内に取り入れ

夏は太陽熱を遮る

これはパッシブデザインの基本中の基本です

難しいのがこのバランスです

もちろん地域によってもこのバランスは違います

ただ単に断熱性能を向上させただけでは

夏に窓から入ってきた太陽熱で室内は熱ごもりを起こし

かえってエアコン負荷を大きくしてしまいます

日射取得率は この計算式で決まります

付属部材(ルーバー等の遮蔽材)を入れた窓の日射取得率 

× 庇や軒による補正係数

× 方位係数

× 窓面積

で決まります

要するに 大きな窓はしっかり遮蔽

方位係数の大きな東西もしっかり遮蔽

デザインを考えながら できれば庇や軒をデザイン

こんな感じでしょうか?

難しい内容かもしれませんが しっかりと計算を行うことで

快適な室温と省エネルギー住宅を実現できます

①窓ガラスの種類

②庇の長

③ルーバーやシェードの設置

④蓄熱の採用

⑤以上をふまえたうえで日照シミュレーションをしっかり行う

これらを 設計の中に取り入れ計算し シミュレーションしないと

断熱性能を高めただけでは涼しい家にはなりません

エアコンの使い方により 室温や消費エネルギーは変わってきますが

今回は設計によりどう変わるかでお話をさせて頂きます

①窓ガラスの種類

もちろん断熱性能も考えてLOW-Eガラスの採用は必須です

ガラスは夏の事だけを考えれば、東西北の窓は全て日射遮蔽型でしょう

ですが、冬の事も考えなければいけません

窓を全体的に小さくして、建物全体の断熱性能を高める設計であれば 

日射遮蔽型のガラスでもよいかもしれません

ですが、南の窓を大きく取り自然エネルギーも活用しようとする

パッシブデザインの日射熱利用暖房の手法をとるのであれば 

南の窓は日射取得型のガラスにすべきでしょう

もう一つは日照シミュレーションをしっかりとやることです

南に沢山の窓をつけて日射取得型にしても 

日照シミュレーションしてみたらその窓に太陽熱が当たっていない

室内に太陽熱が入っていないのであれば

太陽高度が高い夏に 庇やルーバーなどの遮蔽措置がなければ太陽熱が室内に入ってしまいます

なかなか難しい話です・・・

私が設計するのであれば 標準的には

南は日射取得型 東西北は遮蔽型です

後は、周囲の建物条件 日照条件 もちろん地域によって変わるものだと思います

②庇の長さ

冬の事を考えれば 庇は短いほうが室内に太陽熱が入ってきて良いでしょうが

夏の事を考えれば 庇は長いほうが室内に太陽熱が入らないので涼しくなるでしょう

この庇の長さも計算と日照シミュレーションンをしっかりと行うことが重要です

③ルーバーやシェードの設置

全ての窓に このルーバーやシェードの設置をしたい所ですが

縦辷り窓や横滑り窓FIX窓などがあると 開閉ができなくて設置が難しい場合がありますし

電動にすれば良くても コスト高で難しい場合もあります

南の窓は大きな窓も大きく 日射取得型にしている場合には ルーバーやシェードを必須条件にして

東西北にも大きな窓があるのであれば ルーバーやシェードを設置するべきだと思います

④蓄熱設計

いまだに良くわかっていないのがこの蓄熱です

私はこの約5年間 蓄熱設計を取り入れた設計を行ってきました

私はデザイン的にこの蓄熱設計を行っているため 

あえて 多くの方が蓄熱設計を行うように 南側土間での設計をしてこなかったので

冬の効果はそこまでないものの 夏の効果は多く感じています

蓄熱設計は的確に計算を行うと1℃~2℃の室温安定につながるはずです

この蓄熱量 熱容量は断熱性能・日射取得性能・日射遮蔽性能により

その量は変えないといけないです

以上 いろいろお話しましたが

日本は暑くなってきました

しっかりとした夏対策の住宅計画をしましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


資料請求はこちら PAGE TOP