PASSIVE

Passive Design Come Homeのパッシブデザイン

断熱をしっかり施せば、快適な家になると思っていませんか?
実は、断熱だけでは快適な家にはなりません。
夏涼しく、冬暖かく、明るくて、風が通り抜ける快適な家にするために、
私たちが重要だと考えているのが『パッシブデザイン』です。

パッシブデザインとは?

もともと環境先進国ドイツで発展してきたパッシブデザインとは、太陽の光や熱、風といった自然のエネルギーを取り込み、エアコンなどの機械になるべく頼らず一年中快適な住まいづくりをするための設計思想・設計手法のこと。このパッシブデザインで設計された住まいのことをパッシブデザインハウスと呼びます。

東海エリアの気候風土に合わせた『パッシブデザインハウス』を提供

海外で生まれたパッシブデザインハウスは、日本の気候風土に合った考え方に変化しました。これが『自立循環型住宅』です。この『自立循環型住宅』をさらに東海エリアの夏蒸し暑く、冬寒いという特徴的な気候風土に合わせて設計するのが、Passive Design Come Homeが提供するパッシブデザインハウスです。

パッシブデザインハウスのメリット

① エアコンを最小限の使用で、快適な室温に
冬の朝は薄手のカーディガンを羽織る程度で十分な暖かさ、晴れた日の昼間は暖房いらずの快適さ を実現。夏は外気温の下がる夜なら窓を開けるだけで快適な室温に。エアコンなしでぐっすり眠る ことも可能になります。
②温度差のない健康的な室内環境
冬の朝は薄手のカーディガンを羽織る程度で十分な暖かさ、晴れた日の昼間は暖房いらずの快適さ を実現。夏は外気温の下がる夜なら窓を開けるだけで快適な室温に。エアコンなしでぐっすり眠る ことも可能になります。
③光熱費の削減
パッシブデザインハウスは一般的な省エネ基準の家と比較して、およそ30%光熱費が削減できるという検証結果があります。家計にも嬉しい効果が期待できます。

Passive Design Come Homeのこだわり

① 室温目標を定める

断熱材の仕様を決めるのではなく、冬は朝6時で17℃以上、夏は最高で35℃以下という明確な室温を目標に据え、パッシブデザインハウスを設計します。(エアコンなしの場合)

② コンクリートなどの蓄熱利用

パッシブデザインハウスに熱を蓄積することができるコンクリートを組み合わせ、夏と冬の室温を安定化させる取り組みを行っていきます。木造住宅でもキッチンの腰壁やTVボードなどにコンクリートを取り入れることは可能です。コンクリートの量は多すぎても、少なすぎてもいけません。その家の大きさや断熱性能によって量やデザインを決め、最適な蓄熱をご提案します。

蓄熱がない場合(エアコンなしの場合)
蓄熱がある場合(エアコンなしの場合)

③ 全棟年間暖冷房負荷計算を実施

快適な室温と省エネルギーのバランスが取れていること、これが私たちの考えるパッシブデザインハウスの理想です。快適な室温と省エネルギーのバランス=年間暖冷房負荷という考え方のもと、全棟で年間暖冷房負荷計算を実施していきます。

壁・基礎(床)・屋根(天井)とサッシの断熱性能と面積を検討しながら計算

パッシブデザインの5つの要素

冬のためのパッシブデザイン

①断熱(窓+断熱材)をデザインする → 暖かさを決めるベースになります
快適な室温と省エネルギーのバランスが取れていること、これが私たちの考えるパッシブデザインハウスの理想です。快適な室温と省エネルギーのバランス=年間暖冷房負荷という考え方のもと、全棟で年間暖冷房負荷計算を実施していきます。

夏のためのパッシブデザイン

②日射遮蔽(窓の日よけ)をデザインする → 涼しさを決めるベースになります

通年のパッシブデザイン

③昼光(南面窓のサイズや位置、導光)をデザインする → 自然の光で明るい家にします

パッシブデザインハウスの設計の流れ

①日照シミュレーション
建設地にて周囲の建物による日影の状況などを確認しながら、南面の窓にしっかりと太陽熱が当たっているか、庇やルーバーを設けることで室内の床に太陽熱があたっていないかなどをシミュレーションします。

夏は、うまく日射熱が遮断できていないと、断熱性が高いゆえに、熱籠りを起こし、涼しいはずのパッシブデザインハウスがかえって暑くなるという現象が起きてしまいます。

②断熱性能や省エネルギー性能の計算を行ったうえで、室温や光熱費をシミュレーション断熱性能・省エネルギー性能の計算

夏と冬の室温の推移をチェック(エアコンなしの状態)

光熱費をシミュレーション

③シミュレーション結果をベースに、【パッシブデザイン5つの要素】【ライフスタイル】【効率的な家事動線】などを盛り込みながらプランニング

お引き渡し後も
【小さなエネルギーで快適な暮らし】を徹底サポート

Passive Design Come HomeのパッシブデザインハウスにはHEMS(※)を標準装備し、実際に暮らし始めてからの室温や使用エネルギーを測定。設計時のシミュレーションとの整合性を図っています。

私たちが重視している【快適(室温)】と【省エネ(光熱費)】のバランスをみながら、「快適だけど、光熱費が高い」「光熱費は安いけど、暑さ・寒さを我慢している」ということが無いように、窓やカーテンを開け閉めするタイミングやエアコンの設定温度、稼働時間などについては引き渡し時にしっかりとご説明。その後も定期的にオーナー様セミナーを開催し、「小さなエネルギーで快適な暮らし」を全面的にサポートいたします。

※Home Energy Management System(ホームエレクトリックマネージメントシステム)の略称。家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム

パッシブデザインと木村さん

一般社団法人Forward to 1985 energy life 代表理事
パッシブデザインテクニカルフォーラム 代表
野池政宏

私は「日本に省エネルギー住宅を広げたい」と考え、2005年くらいからそうした活動をするようになりました。省エネルギー住宅につながる工夫は「建物に工夫する」「設備に工夫する」に大別できますが、どちらが大事かと言えば、圧倒的に「建物に工夫する」のほうです。なぜなら、建物に工夫することで、建物全体が冬暖かく、夏涼しく、風が通り、自然光で明るくなるからです。設備型に頼った省エネルギー住宅では、決してこうしたことは実現できません。

「省エネルギー住宅に向かう建物の工夫=パッシブデザイン」です。つまり、パッシブデザインをしっかりと建物に組み込めば、省エネルギーにつながることはもちろん、快適で健康的な住まいが実現できることになります。 私は省エネルギー住宅を勉強し、整理整頓していく中で、2010年頃に「新築したりリフォームするときに、まずはパッシブデザインをしっかり組み込むべきだ」という結論に至りました。そして「2010年をパッシブデザイン普及元年としよう!」と宣言し、そこからさらに気合を入れて「パッシブデザインを軸とする省エネルギー住宅の普及」を目指してきました。そうした活動の中で出会ったのが木村さんです。

木村さんはパッシブデザインの魅力にハマり、本当に熱心に勉強を重ね、前職の社内スタッフの教育に努められ、いつしか全国の住宅関係者から「パッシブデザインの実践者と言えば木村さん」と評価されるようになりました。このことは私にとってうれしいことはもちろん、社会的にも非常に意義のあることです。こうした人が現れることで、「木村さんのようになりたい」と考える人が出てくるからです(実際にたくさん出てきています)。 私はあくまでパッシブデザインの技術や魅力を工務店や設計事務所に伝えるという立場であり、実践者ではありません。実際にパッシブデザインが普及していくためには、木村さんのような実践者がどんどん増えていく必要があります。

この文章を読まれた、これから新築やリフォームしたいと考えている方は、ぜひ木村さんにパッシブデザインの魅力や実際の方法、そして適切にパッシブデザインが組み込まれた住まいがどんなに快適・健康的で省エネルギー(省光熱費)になっているのかをじっくりと聞いてみてください。そして自分の住まいにしっかりとパッシブデザインを組み込んでください。家族が心地よく、健康的に暮らせて、光熱費も安くなり、さらには省エネルギーという社会貢献につながるって、本当に素晴らしいと思いませんか!

資料請求はこちら PAGE TOP