お知らせ

木村の自邸紹介 vol.2

PASSIVE DESIGN COME HOME 代表木村の自邸のご紹介

第二弾

今回は2階部分を中心にご紹介します

断熱性能さえ高ければ 吹抜けを作って 太陽熱を1階に入れた方が有利なことがあります

確かに 気積と呼ばれる エアコンで冷暖房される空間は小さい方が有利です

しかしながら 多くのエネルギーを使う 暖房の時期では

太陽熱を使った方が 有利

断熱性能をある程度高めて 冬は太陽熱を室内に入れて

夏は太陽熱を徹底的に室内にいれない設計手法

パッシブデザイン 自立循環住宅の考え方を採用した

木村の自邸の解説を是非ご覧ください

断熱や気密以外の考え方をもっと家づくりに役立て

省エネ住宅が日本中に広がりますように

資料請求はこちら PAGE TOP