ブログ

名古屋市瑞穂区で狭小4M パッシブデザイン✖️耐震木造住宅地鎮祭

今日 名古屋市瑞穂区の狭小4m という土地で地鎮祭が行われました

年内は、工事準備

来年 年明けに基礎工事で、本格的に着工していきます

こちらのお客様は、丁度1年前に問合せがあり

色々お話しをさせて頂いていたのですが

もちろん他社も検討中

プランは当社が初めてで決めきれず 他社のプランが出てから

というお話しになったのですが

それから、少し疎遠に・・・

一旦は、予算に近い会社があり、決められた会社があったようですが

結局高くなり・・・

そんな中で、当社のインスタを見ていたら

「イメージに近い! あれ? だったら今の予算だったら できるかも」

と再度お問い合わせ頂きました

それからは、トントン拍子

元々パッシブデザインにはご興味があり、日当たりを考えてのプランは ご理解頂き 気に入っていらっしゃり

狭小間口に加えて 北側車線 道路車線 建蔽率 準防火地域 などの法的な規制が激しくそちらの調整も大変でした

また、この狭小土地で 私が行う太陽の日射熱を利用したパッシブデザイン設計は大変でしたが

以前提出させて頂いたプランをもとにプラン変更しながら プランが完成しました

耐震木造住宅 SE構法によりクリアしています

北側道路の為 南は2階LDK空間の南窓壁の位置を極力北側へ寄せて 隣家の日影の影響を受けにくくしました

そして、その分の2階北側部分を1階より 北側へオーバーハングさせる事により

カーポート的な役割を果たしています

同じように3 階もオーバーハングしている為に 凄い重量になりましたが

1階の柱を120角から120✖️240にし これを6本配置する事により クリアしました

いわゆる門型フレームというやつです

3 階は ほぼロフト空間ですが 子供さんの部屋としての利用も可能です

また南側に吹抜け空間を作る事により 2階へ太陽熱を落としています

しっかりと、省エネ、快適、耐震を考えたこの住宅は、5月完成予定です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA