ブログ

ディティールを進化させる

お客様のご要望 できればみんな実現したい所ですが

構造上などで全てがそうするわけにはいけません

ですが 今回のご要望は 木造住宅なので実現した内容です

今回の内容は 「手摺の足元をスッキリさせる」

名古屋市狭小パッシブデザイン×SE構法のお宅ですが

準防火地域ですので 下が収納などの箱型階段であれば

プラスターボードの2重貼りや プラスターボードの厚みを厚くしたら木製の踏板でも良いのですが

そうでなくスケルトンの場合は 踏板の下地を鉄骨など 燃えない不燃物で作り

その上に木製の踏板をのせないといけません

そうすると 手摺の足元はプレートを付けないと手摺を固定できないのですが

箱階段や廊下の手すりであれば 足元のプレートを無くして

スッキリさせることができます

今回 大工さんと一緒に あーだ こーだ と言いながら

スッキリさせた 仕上がりになりました

こういのうのアイデアを考えるのは楽しいです

「また 木村さん 無茶なことをいう」

という言葉を聞くのが楽しみです!

いろんなパターンの仕上げができました!

メンドクサイものを効率化し

メンドクサイものを標準化できればと思います

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


資料請求はこちら PAGE TOP