ブログ

夏の日差しを遮るデザインと部材について

暑い日が続きます

もう何度も同じことを書いている気がしますが

何度でも書きます

とても重要なことなので・・・

今日は、日射遮蔽部材と呼ばれる ルーバーやシェードについてお話をします

遮蔽部材はシャッターでも良いのですが

シャッターを日中下ろしたままでは 暗くなってしまいますよね

ですから、ある程度光を通すものの方が 昼中有利です

「でも防犯上・・・」と言われるお客さまも多くいらっしゃいますが

それであれば、防犯ガラスをお勧めします

防犯ガラスは 2時間叩いても割れないものなどあります

ですから、台風などでも安心です

ただ、防犯の事だけを考えると 正直狙われたら一緒です・・・

最近は、バーナーなどを使って 壊されるケースもあり 悲しいかな もうそうなったら何をやっても一緒です・・・

話を戻します

①まずはルーバーについて

ルーバーは視界を遮り 角度を調整すれば 夏は室内に太陽熱を遮り 

冬は太陽熱を室内に取り込むことができお勧めです

バルコニーの手摺代りにすれば 2階のバルコニー部分の防犯性も高まります。

②次にシェードです

庇の先端に付けた場合なら 途中まで下ろして 外を見ることができます

窓ガラスの上部につけた場合でも斜めに 設置すれば途中で止めておくことができます

今の日本は9月でも暑い日が続きます

庇だけでは 日射を遮ることができない時期がありますので

シェードもとても有効です

さらに通風も大事です。

外気温が28℃を下回るような時間帯があれば よほどの湿度が高い日を除き

窓を開けて 通風したいのが日本人です

シャッターでは通風はしにくいですよね

まっすぐ下にしか下ろせないので 太陽高度に合わせて途中まで下げるようなことはできないので、シェードのように日差しを遮ることはできません

ついでにお話をするのであれば、防犯も考えながら プライバシーも確保しながら 開放感も考える

とても難しい話ですが お客様の暮らし方と

近隣状況をふまえて デザイン・設計することが重要です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


資料請求はこちら PAGE TOP