ブログ

名古屋市土原区画整理地 パッシブデザイン×SE構法「都心を眺める家」

 

 

名古屋市土原区画整理地内の

約2Mの高低差のある土地に建つ

「都心を眺めるパッシブデザイン住宅」

 

 

 

 

 

確認申請では、北側の隣地擁壁から30度から40センチ基礎をあげる

という長期優良住宅の基準をクリアするのに

悩みましたが、クライアントの理解もあり何とか着工へ。

 

宅地造成区域は色々厄介ですし

長期優良住宅は耐震や省エネばかりでなく

劣化などの基準も見落とせません。

 

現場の方は

2階の工事大工工事はほぼ終わり1階の大工工事へ。

 

 

 

 

 

しかし、2階からの眺めは

開放感!

 

 

 

オーバーハングを使いながら

この字型窓の大開口はSE構法ならでは。

 

 

 

 

 

眺めの良さ 日射取得は抜群!

しかしながら、日射遮蔽も当社基準をクリアし

冬暖かく 夏涼しい家を実現します。

 

オープンハウスは8月21日、22日を予定してます。

事前ご予約受付中ですので、ぜひこの機会に

直接ご覧になってください!

 

 

 

 

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /var/www/vhosts/passivecomehome.co.jp/httpdocs/_wp-admin_/wp-content/themes/pdch/comments.php on line 145

CAPTCHA


資料請求はこちら PAGE TOP